マカの安全性を徹底調査!妊活中の副作用は大丈夫?

1年の自己流妊活と半年のクリニックの通院を経て子宝に授かり、現在半年の男の子のママですが、妊活で愛用していたサプリメント、マカサプリの安全性や副作用気になりますよね。

「マカサプリを飲み続けて、知らないうちに妊娠していたらどうしよう」という声も多く、身体に影響がないのか、大丈夫かどうかご紹介します。

ベビ待ちさん必須の妊活サプリメントといえば葉酸サプリが有名ですが、最近では男性の精力増強や滋養強壮に用いられるマカサプリも妊活に効果的と話題になり人気となっています。

基本的に、マカはアブラナ科の植物ですので、用法用量を守って摂取した場合の安全性は高く、副作用もほとんど心配ないとされています。

一般的な成人で1日3グラム以下であれば影響が少ないと報告されていますが、服用中の薬とマカを併用した場合に副作用が出る可能性があると報告されていることもありますので、特に日ごろから服用している薬がある場合は注意が必要です。

また、マカはアブラナ科の植物ですので、アブラナ科の植物に対してアレルギーがある方は万が一のことがありますので、かかりつけ医へ相談してください。

アブラナ科の植物にはカブやキャベツ、ブロッコリー、カリフラワーなどがあります。

妊娠中の女性や授乳中の女性への影響についてははっきりとした報告がされていません。

通常の食事に含まれる程度であれば安全性が高いとされていますが、妊娠中や授乳中はホルモンバランスも乱れ、身体への影響も通常時に比べて出やすいため、念のためかかりつけ医と相談して飲むようにしましょう。

私の愛読書でもあった妊活雑誌「赤ちゃんが欲しい」「妊活たまごクラブ」でも妊活におすすめサプリとしてマカが紹介され、様々な会社からマカサプリが販売されています。

「大切な贈り物」という意味のマカサプリメントmakana(マカナ)では副作用について、「マカナに含まれる鉄分・亜鉛は過剰摂取によって体調を崩してしまうことがあるので、それ以上のご飲用をお止めください」とされています。

また、妊娠中の服用については、マカナは薬ではなく栄養機能食品なので、成分に安全なものを使用していますが、妊娠中や授乳中の女性の体質は日々変化しているので、事前にかかりつけ医に相談してご飲用くださいとのことでした。

成分表をしっかりと確認して安全性の高いマカを選ぶことがまず大切で、定められた用法用量を守ること、疾患や服用中の薬があるなど不安点がある場合はかかりつけ医と相談することの3つのポイントを守れば基本的には安全だとえいます。

3つのポイントを守っていつか赤ちゃんを抱っこできるまで、大切な贈り物である赤ちゃんのために、健康的な身体作りをしていきましょう。

妊活に効果的なマカサプリ「マカナ」の口コミや評価まとめ